カクタスヴィル 

多肉植物を愛でながら我が家の庭で起きる植物達の営みを眺めてみたり収穫してみたりしてフリマサイトで売ったりしながら小商いするロックンロールダディのブログ

範馬刃牙は最強昆虫はカマキリと言っていますが!コイツもヤバイです!

カクタスヴィルのトラヴィスです

夏前の庭のメンテナンスは

休日と体力を

奪います。

そんなハードな作業を行い

家庭菜園から

実りをいただきます。

自分ちの庭とは言え

前回もお伝えしましたが

我が物顔で

ズカズカやってくる奴らが

いるんです。

おなじみ真夏最強のやっかいもの!

スズメバチちゃんです!!

f:id:rockawaythemods:20190303110418j:plain

こいつらは本当おっかね~

 

 

f:id:rockawaythemods:20190306140523j:plain

範馬刃牙は『カマキリ』が

最強昆虫と言っていましたが

 

f:id:rockawaythemods:20190303110748j:plain

やっぱり 

こいつが最強と自分は

おもっております!!

この顔(◎_◎;) 

 

f:id:rockawaythemods:20190306140330j:plain

刃牙だってこうなるでしょう・・・。

 

毎年刺されてお亡くなりに

なる方もでるあいつらです

 数年前に10メートル級の

大木を伐採し

その木々は処分するのに沢山の

福沢諭吉がかかると業者に言われ

仕方なくそのまま朽ちていくのを

待つ横たわる木々が

数十本あるのですが

そこを根城にいくつかの

ファミリーが潜伏して

ブンブンやっています。

こっちは草刈機サリンジャー号を

ブンブン! 

その上空をスズメバチがブンブン! 

気付けば彼らの間合いに

入っていると

威嚇するように 

アタックしてきます

まさに命がけのバイオレンスな

畑アンド草刈り作業なのです。

我が家のような田舎では

スズメバチと

共に生活せざるおえないのも

事実です

とくに母屋はバリバリの

日本家屋なんですが

屋根が張り出してる分

雨をしのげるので

アシナガバチが毎年

巣をつくります。

奴らもやっぱり蜂は蜂ですので

『駆除しなきゃなぁ〜』

今は便利な退治スプレーや

ゴキブリホイホイならぬ

蜂ホイホイ的な商品も

あり心強いですね(・∀・)

 

 

退治退治…

と毎年思いながらも

季節が冬場に向かいながら

巣からいなくなるのを待ち→忘れる→

居なくなってる

感じが例年のパターン。

そんなアシナガバチの巣に

おきる一番迫力がある事件は

ほぼほぼ完成した巣を

スズメバチが襲うのは

結構見応えがありますね。

オオスズメバチが

襲来したときの

アシナガバチの巣の惨劇は

見るも無残です!

『あれ?

今日アシナガバチの巣の下

なんかフリカケみたなのが

おちてるな?』

と見れば

アシナガバチの無数の亡骸

巣の破片

なんかわからない

ジューシーなヤツが

パラパラと…。

見上げると案の定

スズメバチが一匹で

スッチャカメッチャカ!

にしてるんですね。

戦意喪失のアシナガバチは

散り散りに距離をとり

解体される巣を

呆然と眺め耐えている

雰囲気です。

数時間で巣はスズメバチの

お食事は終わり

アシナガバチの

コミュニティーも

終わっていきます。

 

 

翌日

巣を見上げれば

動きのとれない

生き残ったハチたちが

壊滅した巣にとまったまま

何もできずジッとしている

光景になります。

その後

一週間位でアシナガバチは

巣を後にし何処かへ

行ってしまい。

巣の下に落ちた残骸と

空になった巣自体を

私がホウキで叩き落し

掃いて終わるか

強風がどっかへ飛ばし

視界に入る

アシナガバチの一生が

終わるようです。

きっと毎年家の敷地内で

小さな生存競争が

行われていると思うと

感慨深いです。

 

食べれない植物の成長を待つ人間なるとは想像もしてなかった

 

最近は庭に出て作業する事も

増えて

去年の春は草花や

植木の成長なんて

気にもしなかったですが

一部ですが

ジワジワ春を

感じてる

兆しです


f:id:rockawaythemods:20190315160703j:image
『紫陽花』

枯れ枯れなのに

新芽登場!


f:id:rockawaythemods:20190315160629j:image

『こぶし』

フカフカチャーミング

白い花がイカス奴。 

 

今まで見向きもしなかった

木々の成長に

ソワソワしてます

(;´∀`)

 

 

今年は多肉植物を

フリマアプリに

出品できそうな気配もあります

そんな植物達のおかげで春が

待ち遠しかったです。

去年の夏前まで多肉植物

なんて言葉すら

知らなかったですから

意外と自分でも驚きです。

四季の移ろいは素晴らしい

ものですね

蜂たちだって四季の一部と思うと

愛おしいものですね…

……?愛おしい…?

 

んな訳ないやろ〜(# ゚Д゚)

あんな奴ら!

やっぱりこっちも準備しとこかな?

 

 でもスズメバチに避けられたらどうしたらよいのでしょうかね?

その辺は考えられて作られているんでしょうけど

今年もスズメちゃんには近づかない事にします(;´∀`)