カクタスヴィル 

多肉植物を愛でながら我が家の庭で起きる植物達の営みを眺めてみたり収穫してみたりしてフリマサイトで売ったりしながら小商いするロックンロールダディのブログ

名付けて『多肉の園』鉢やらリメ缶では事足りなくなり多肉花壇を作る!

多肉植物の越冬用に以前カインズホームにて

展示品の為、格安で購入した

簡易ビニールハウス!

 

f:id:rockawaythemods:20200425115308j:image

この冬は実験的に数種類をハウス内で

越冬を試みました。

丈夫なセダム連中に寒さでの紅葉を

期待して虹の玉とオーロラ等の冬でも

強い奴等を配置して越冬。

令和2年の冬は暖冬って事もあり

無事に春を迎えられました。


f:id:rockawaythemods:20200506150139j:image

その矢先に想定外の

コロナウィルスの蔓延…

強いられるステイホーム…

『だったらやっちゃいますか!』と

簡易ビニールハウス内の多肉花壇化!

その名も『多肉の園』


f:id:rockawaythemods:20200506150210j:image

ビニールハウスのベースにした地面からは

雑草やら以前から幅を利かせていた芝生が

春を感じハウスの暖かさもあり

活発に育ちます…。

f:id:rockawaythemods:20200506150232j:image

『今は君たちの出番ではないのだよ…』と、

さとして草刈機で一網打尽にします!

狭いビニールハウス内の草刈機は

ビニール自体を刈っちゃう可能性大!

あまりオススメできませんね…。


f:id:rockawaythemods:20200506150302j:image

さあ!

雑草の除去後は基礎を作ります。

慣れない作業も

『やってやれない事はない』を

コンセプトに進めます。

水糸(工事現場等で見る黄色い糸)

なんて初めて貼るし…

まあ…DIYですから何となく長さと幅が

分かれば良いですからこんな感じで

OKとします。


f:id:rockawaythemods:20200506150321j:image

コンクリート製のブロックを花壇の枠の

ベースにしますので溝掘りした後は

お手製のタンパーで地ならしをします。

(※タンパーとは土木現場等で機械を使えない     狭い場所の土や砂を締固める工具)

職場で昨年の台風の猛威で倒れた木々が

山積みになっていたのを拝借し作成。

タンパーを自作したは良いのですが

『大きい事は良いことだ!』と欲張り

太めの木を貰って来たので、

いざ使ってみると、まぁ重い…。

自作するのも良いですが、やはり市販の方が

使い勝手も良さそうですね。

 

地ならしが終わったのでコンクリート

ブロックを並べてみます。


f:id:rockawaythemods:20200506150416j:image

あれま.....。

全く足りませんでした....。

アバウトに10個あれば足りるかな?位に

高を括っていましたのが失敗の素でした。

でも作業開始してしまったし…

日曜日の3密なホームセンターへ改めて

買い足しに行くのも厄介だし面倒でしたので

ここは昔ながらの百姓の家ですから

庭や倉庫を物色すると何かしら出てきます。

 

f:id:rockawaythemods:20200506150455j:image

庭の隅に何に使われていたのかは

定かではない若干苔生した

コンクリートブロックを発見!

上手い事、並べれば何とか花壇の枠は

完成です!

『多肉の園』の土はこちら

さあ一気に土をブレンドして投入して

行きます!

今回『多肉の園』に使用する土は

こちらを選択しました。
f:id:rockawaythemods:20200506150829j:image

1、ベースに保水の為の赤玉土の小粒 !

2、今後、土をあまり変える機会が

        無いだろうと判断しある程度硬めで

         崩れないようにと安定の水はけの

         良さがある鹿沼土の細粒!

3、排水性抜群!微根の多肉も

       しっかり植え付け時に固定出来る川砂!

 

こちらの3種類で攻めていきます。

f:id:rockawaythemods:20200506150906j:image

大量の土を配合するには一輪車

いわゆるネコ車のバケット内が最適です。

一袋14リットル位ありそれを数種類を

混ぜ合わせるとくれば

結構な重労働になります。


f:id:rockawaythemods:20200506150951j:image

こんな感じの土になりました。

粒もしっかり確認できますので

水はけには問題なさそうです。

芝生の根が、はびこっていますから

防草シートを施します。

こちらの様な立派な防草シートを

採用したいのはやまやまですが…。

 

経済的に厳しいので我が家に余っていた

寒冷紗を敷き詰めて雑草を防ぎます…。

 

f:id:rockawaythemods:20200506150748j:plain 

運が良ければ防草シートとして

役目を果たしてくれるでしょう…。

 

f:id:rockawaythemods:20200506151153j:image

ガラのコンクリートブロックが

ジャンクなロックガーデン感を

醸し出してくれるかもしれないので

割れた鉢とタコツボを利用して

ブロークンポットガーデン風に

配置してみます。


f:id:rockawaythemods:20200506151312j:image

約畳1畳位のスペースで

赤玉土6袋

鹿沼土3袋

川砂    2袋

これだけでは足らず…

あまり使いたくはなかったのですが…

この『多肉の園』に植える予定の

多肉達の鉢に植えられていた土も

ふるいにかけて使用して

なんとか土も足りました…。


f:id:rockawaythemods:20200514200949j:image

ただただコンクリートブロックを

並べただけの隙間だらけの花壇なものです

から土が、かなりの勢いでダダ漏れです…。

 

隙間を埋めてみよう!

いつだったか私が買っておいた砕石が

ここで役に立ちました。

f:id:rockawaythemods:20200506152542j:image

インスタセメントは今後ガーデニングに

使う予定と考えてコメリにて

大袋な物を購入してきました。

田舎のコメリは3密なしで購入出来て

助かりますね。


f:id:rockawaythemods:20200506152620j:image

砕石はこんな感じです。

粉々のから4cm位までの

サイズ感です。

 

f:id:rockawaythemods:20200506152654j:image

さあ!砕石で隙間を埋めていきます。

f:id:rockawaythemods:20200506152721j:image

インスタセメントをその中に注入したり

塗ったぐったりして補強します…。

 

なんとかやってみましたが…。

やはり土を入れる前にやるべきだと

大変勉強になりました。

 

『多肉の園』へ放つ

インスタセメントが乾いたので

多肉達を『園』へ放ちます!

さあ!色々植え付けていきます。


f:id:rockawaythemods:20200506153045j:image

ブロークンポットガーデニング風には

高さがありますから

ドルフィンネックレス

グリーンネックレス

ルビーネックレス等の

垂れ下がる連中を配置!

 

ブロークンポットガーデニングの

鉢の破片が重なる部分には

生長の早い爪蓮華や札落ちセンペルビウムを

植えて土留めの効果を期待し配置です。


f:id:rockawaythemods:20200506153130j:image 

ブロークンポットガーデニングの裾のには

セダム勢が既に圧倒的な勢力で

生長し始めました。

越冬時に紅葉したオーロラが春先も

赤をキープし緑の茶色に映えますね!


f:id:rockawaythemods:20200506153201j:image

背丈が伸びる星系の連中は

縁に植え『多肉の園』全体を

囲む様に配置します。


f:id:rockawaythemods:20200506153230j:image

我が家のフラッグシップ多肉

エケベリアの七福神も勇気を持って

配置しちゃいました!

大切に育ててきたので経験の無い

リスキーな環境に放つのは

緊張しますが…

目配り気配りが増しますから逆に

良い事なのかも知れません。

 

最後に

ほぼ普及種メインの多肉だけの多肉花壇!

『多肉の園』を簡易ビニールハウスを

カスタムして作ってみました!

安価なコンクリートブロックを使用した

超ビギナー作品ではありますが

後は多肉達が色付けを

してくれる事でしょう!

f:id:rockawaythemods:20200514205810j:image
とても楽しみです!


f:id:rockawaythemods:20200514205439j:image
しかし…

梅雨と夏がすぐそこまで

来てますから油断禁物な日々が

続きそうです。